アルバイトしてるお子さんを扶養家族にいれるのちょっと待った!年末調整の注意事項

超入門編

 

こんにちは。めがね税理士の谷口(@khtax16)です。

 

「書くならもう少し早く書け」とお叱りを受けてもしかたのない中途半端な時期ですが、お客さまの年末調整をやっていてあることを思い出したため書き残しておきます。

そのあることとは、アルバイトしているお子さんを扶養家族に入れていたらあとで税金の追加徴収をされた、という案件を過去に何回か見たこと。

 

どういうことなのか簡単にご紹介しておきますね。

(※)「扶養親族」というのが法律的に正しい表現ですが、個人的な噛み砕き感を優先し「扶養家族」という名前で進めます!

 

 

アルバイトしているお子さんを扶養家族にいれていたら……

守秘義務があるためぼかして書きますが、とある会社の従業員の田中さん(仮名)は、まだ大学生の息子さんを毎年扶養家族にいれていました。

そんなある日、会社のもとに税務署から通知が届きます。

 

「田中さん、息子さんを扶養家族にいれてますけど、収入あるから扶養家族にいれられなくない?」

 

会社が田中さんに聞き、田中さんが息子さんに聞いてみたところ、田中さんが扶養家族にいれていた息子さんはアルバイトをしており103万円を超える金額を稼いでいたのです。

そのため、田中さんは10万円もの税金を追加で取られることになってしまいました。

 

扶養家族にいれるためには、1年間のお給料が103万円以内である必要があります。
ちなみに『〔ざっくり解説〕中小企業向け平成29年度税制改正大綱まとめ』でお知らせしたように配偶者控除が150万円以内に改正される予定ですが、配偶者(奥さんや旦那さん)が対象で、お子さんはこの先も変わらず103万円以内ですので注意してくださいね。

 

 

 

 

どうして税務署にバレたのか?

会社⇒市区町村⇒税務署、という仕組み

さて、どうして税務署にバレたのでしょうか?

それは、給与を出しているすべての会社は毎年1月末までに全員の給与を市区町村に報告しているからです。

(法律で決められた義務です。退職している場合には一部例外があります)

この報告する紙を「給与支払報告書(きゅうよしはらいほうこくしょ)」と言います。

多少様式はちがいますが、源泉徴収票に書いてある内容とほぼ同じことが書いてあります。

 

税務署に出すのは「一定の金額以上の人だけでいいっすよ」という決まりがあるのですが、市区町村は金額に関係なく全員分出す必要があります

(その役員や従業員の方が住んでいる市区町村にそれぞれ出します)

そもそもどこか一つに出すだけでよければ会社にとっては楽なのですが、そこは縦割り行政。それぞれに出すかたちをとるわけですね。

 

なのでよくも悪くもすべての情報が共有されているわけではないのですが、一部「あれ、これ間違ってない?」という疑惑があるものは市区町村から税務署へ報告がされる、という流れになっています。

(マイナンバーが本格的に導入されたらまたどうなるかわかりません)

 

今回のケースの場合

なので今回のケースの場合、田中さんと息子さん、それぞれが働いた会社から報告が行って、

  • 田中さん ⇒ 息子を扶養家族にいれていると書いてある
  • 息子さん ⇒ 103万円以上のお給料もらったと書いてある

「あれ、103万円超えてるから扶養家族じゃなくない?」

と市区町村が気づいて税務署へ報告が行った、というのが事の顛末でございます。

なので、扶養家族にいれているお子さんがアルバイトしていた場合、

  • 今年のお給料を確認する
  • (今後もいれたいなら)年間103万円以上働かないよう注意する
  • アルバイトも大事だが勉学にも励みなさいと伝える

という点に注意しましょう。

(年間というのは1月~12月のことです)

 

もし「いくら働いたかわかんない」という場合、息子さんの会社から早く源泉徴収票を出してもらって確認することが大事です。

私が見たケースではたいてい「3年分は確認してね」という連絡が来たので、合計10万円以上もの大金を納めなくてはいけなくなったことも何度かありました。

 

また、そのほか、

  • 税務署から連絡が来る時期は年末や年明けとは限らない
    (その市区町村や税務署の、処理の量やスピードによってまちまちです)
  • 2年~3年分くらい溜めてから来ることも多い
  • もし給与が103万円以下の年があったら、源泉徴収票やお住まいの市区町村で所得証明をとるなどして潔白を証明

というところにも注意してくださいね。

 

 

 

 

まとめ

というわけで、お子さんを扶養家族にいれていた場合の年末調整の注意点として、

  • 税務署にバレる仕組み
  • アルバイトしているお子さんを扶養家族にするなら、念のため年間のお給料を確認する
    • 税務署から連絡が来る時期は年末や年明けとは限らない
    • 2年~3年分くらい溜めてから来ることも多い
    • もし給与が103万円以下の年があったら、源泉徴収票やお住まいの市区町村で所得証明をとるなどして潔白を証明

という点をまとめました。

 

いや本当に何度もあったので結構多いんですよ。

やりとりする義務は会社にあるので、こういう話は会社さんもご本人にはなかなか言いにくい場合もあります(^_^;)

これは社長(役員)であってもフリーランスの方であっても扶養家族にいれる場合は同じこと。あとあと税金をとられるのを防ぐためにも、確認はきちんとしておきましょう!

 

 

 

■ 次の記事はこちら!

『白黒つけろよ! マイナスの表示は-か△か▲か問題』

 

 

 

◇ 谷口孔陛税理士事務所のサービスメニューはこちらから
https://www.kh-tax.com/menu/

◇「まずは一回だけ相談してみたい」という方はこちらから
https://www.kh-tax.com/consultation/

 

 

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
読んでくださってありがとうございました