月刊「企業実務」2018年9月号から、税理士として人生初の雑誌連載がスタートしました!

事務所のお知らせ

 

 

 

いやっふぅぅぅぅ!!!!!

 

 

人生ではじめての雑誌連載がはじまったよぉぉぉ!!!!

 

 

 

あ、突然興奮がMAX状態のスタートで失礼いたしました。

こんにちは。めがね税理士の谷口(@khtax16)です。

 

前々からお知らせはしておりましたが、わたくしめがね、人生初の紙の雑誌での連載 がはじまりました。

 

なんでしょうね。

 

「連載」って響きがすごくいいですわよね。

 

「連載」があれば「打ち切り」もまたあるものなれど、わたくしの場合期限がだいたい決まっている(約1年の短期連載)ので、そのへんの精神的不安はすでにないわ。

 

 

すでに2回載せていただいたことがありますが、月刊「企業実務」さんでの連載で、

「減価償却ってなに?」

というテーマを、中小企業の経理担当者で、初心者の方向けに図解をふんだんに盛り込みつつ書いております。

(すでに第二回の原稿送付ずみ)

 

 

 

 

企業実務さんは原則定期購読ですが、電子書籍版のみ例外的に単発で買うことも可能 です。

 

アイキャッチ画像でも載せてますが、こちらが紙の雑誌の表紙。

 

 

 

ほらほらほら、新連載ですってよ!!!!

 

 

 

 

うれしぃぃぃぃぃ!!!!

 

 

しかも現在、こちらの企業実務のWeb版、企業実務サポートクラブ様でも連載させていただいております。

http://www.kigyoujitsumu.com/topics_list31/contents_type=521

 

 

「いやー2本も連載持っちゃってさ。締め切りが大変だよ」みたいな売れっ子作家みたいなこと言いたいぃぃぃぃぃ!!!!!

(実際はそれほどボリュームがあるわけではなく、ほそぼそと書いております)

 

 

わたくし、ブログだとこんな感じですが、お仕事の場合にはごくごくまじめに書きますし、締め切りに遅れたことはいまのところ一度もございません

 

 

図解でわかりやすく、スケジュールも狂わない。

それがわたくしめがね谷口でございます。

 

 

2本の担当編集者さんは別の方(別々にご依頼いただいた)なのですが、こちらの紙の企業実務さんの編集者さんから

「本連載のわかりやすさ、ちょっとした事件かもしれません」

と言われて有頂天にもなりました。

 

何人もの方とやりとりさせていただいてわかったのですが、編集者さんってほめ上手な方が多い印象です。

たぶんそうやっていい気分にさせて書かせる術を身に着けていくのでしょうね。

 

ええ、実際お世辞とわかってても、やっぱりほめられるとものすごく嬉しい気分になるものですよ。

思わず妻に「ねえねえ、おれ事件起こしちゃったらしいよ」とニヤニヤしながら言ったら、妻が純度の高い瞳で「すごいね!」って言ってくれるものだから「あ、いえ、ほめ上手な方が多いだけです。実際には事件起きてないので、事件起こせるよう今後精進いたします」と自ら戒めました。

みごとな妻のめがねコントロール術。

 

 

 

個人ブログで書いているRPAについても執筆依頼を頂戴しましたが、執筆や講演依頼など受け付けております。

 

もし何かありましたらこちらからご依頼・ご相談くださいませ!

 

執筆・講演依頼用ページはこちら

 

 

 

 

○-○ ―――――――――――――――――

<余談>

嬉しかったので思わずはしゃいでしまいましたが、最近お知らせばっかりなのでテンション高めで書いてみました。

もうちょっとうまくコントロールしないとダメね。がんばろ。

 

 

○-○ ―――――――――――――――――

<2018年9月12日追記>

この話を書いたあと、編集者さんから驚愕のメールが届き、思わず雑なGIF動画をつくりました。

『【悲報】連載打ち切りの危機』