MFクラウドのExcelテンプレートはどこにある?現金出納帳、総勘定元帳、仕訳帳csvなどなど

MFクラウド

 

こんにちは。めがね税理士の谷口(@khtax16)です。

 

私がMFクラウドを使いはじめた直後の迷いとして、

「Excelのテンプレートどこにあるんだよ!」

と叫んだことがありました。

 

少々わかりにくいところにあるうえに、ヘルプが出るのもテンプレートまでたどり着いたあとなので、同じように迷われる方もいるのではと場所を画像つきでまとめてみました。

迷われた方はぜひ参考になさってください!

 

● 当事務所では初心者の方向けの記事をたくさん書いております!
⇒ 【目次ページ】超入門編のブログ記事一覧
.
● 当事務所のサービスメニュー
⇒ メニュー一覧

 

 

そもそもMFクラウドのExcelテンプレートとは

たいていの会計ソフトにはExcelなどから仕訳(取引)を取り込める機能があります。

 

必ずしもテンプレート(ひながた)があるわけではないのですが、

  • テンプレートがあり、それに従い入力すると取り込めるようになる
  • テンプレートはないが、所定の項目を盛り込んだcsv等をつくれば取り込めるようになる

とどちらかの機能があることが多いです。

 

クラウド会計ソフトであるMFクラウドはテンプレートがある会計ソフトに該当するわけですが、しかしその場所が最初はよくわからない。

なのでその場所を解説いたします。

(なお2017年2月時点です)

 

 

MFクラウドのExcel(csv)テンプレートの種類

MFクラウドのExcelテンプレートの種類として、

  • 仕訳帳
  • 現金出納帳
  • 総勘定元帳
  • 補助元帳
  • 多桁式出納帳

といったものがあります(「仕訳帳」のみcsv)。

 

それと、

  • インフォマート
  • flam

はテンプレートはありませんがMFクラウドと連携しておりインポートが可能です(後述)。

 

 

 

 

MFクラウドのExcelテンプレートの場所

それではテンプレートの場所を見ていきましょう。

まずMFクラウドにログインします。

 

 

↓ こちらがトップページです。左の「会計帳簿」にマウスを合わせます

 

 

 

↓ いろいろな帳簿が出てきますが、ここではどのテンプレートが欲しくてもとにかく「仕訳帳」を選択してください。

 

インポートしたいときも同様です!
「トップページではとにかく仕訳帳を選択する」と覚えてください。

 

 

 

↓ 仕訳帳を選択するとこのような画面になりますので、右にある「インポート」にマウスを合わせます

 

 

 

↓ またいろいろな帳簿が出てきますので、ここで欲しいテンプレートを選択します。

 

 

 

仕訳帳の場合

 

↓ 仕訳帳を選択すると、このようなポップアップが出ます。ここで「サンプルフォーマットをダウンロード」をクリック

 

これで仕訳帳のテンプレート(csv)がダウンロードできました!

 

 

 

現金出納帳・総勘定元帳・補助元帳の場合

現金出納帳・総勘定元帳・補助元帳はほとんど同じ画面なので、現金出納帳を例に出しますね。

 

 

↓ 現金出納帳を選択すると、このようなポップアップが出ます。ここで「テンプレートダウンロード」をクリック

 

これでテンプレート(Excel)がダウンロードできました!

(ちなみに右側のスライドがヘルプです。ここでテンプレートの場所を説明されても。。)

 

 

 

多桁式出納帳やそのほかの機能

「多桁式出納帳」というものは、少し特殊なので需要がありそうなら今度使い方を含めてまとめたいと思います。

要は総勘定元帳の一種で、少数の勘定科目しか使わないときに活用できそうな帳簿ですね。

 

また、

  • インフォマート
  • flam

は販売管理システムなどのサービスです。

こちらはテンプレートがあるわけではなく、各サービスからMFクラウドへインポートするための機能があるだけです。

 

 

 

Excelテンプレートの問題点(半分愚痴)

ちなみにMFクラウドのテンプレートには、個人的にいくつかの問題があります。

 

1.ださい
まずめっちゃださいです。
IT企業なんだし、クラウドの画面はスタイリッシュなんだからもうちょっとおしゃれにつくっても…という感じ。
せっかくExcel 2016がそこそこスタイリッシュになったのに、旧様式のままで台無しです。

 

2.保護が中途半端
保護されているため、そのままだと置換ができません。なんのためのExcelなのか。
またいくつかの行列にも保護がかかっているため、変にセルが飛んで入力がしづらいです。

 

3.入力規則が中途半端
入力規則も中途半端です。数字の欄は数字で、日本語入力するところは日本語で、ぐらいの設定はすればよいのに。

 

 

一応どれももう少し丁寧な言い方で改善要望は出したので、なかには近いうちに改善されるものもあるかもしれません。

「freeeは自由な様式でインポートできるので、もう少し近づけてみては…」ということもお伝えしてみました。

 

 

 

 

 

 

MFクラウドのExcelテンプレートの場所 まとめ

というわけで、

  • MFクラウドのExcelテンプレートの場所

について、やや愚痴つきでまとめてみました。

 

インポートの方法など、細かい使い方をひとつひとつ記事に上げていけたらと思っています。

ひとまず次回として、総勘定元帳のテンプレートの使い方や機能説明についてもまとめましたのでダウンロードしたあとはこちらをぜひご覧ください!

『MFクラウドの元帳テンプレートの使い方解説! 現金出納帳、総勘定元帳、補助元帳のエクセル設定』

 

 

 

 

● 当事務所ではfreeeやMFクラウドの導入や操作を一からサポートしております!
⇒ 個別コンサルティング
.
● 当事務所ではわかりやすく工夫した記事をたくさん書いております!
⇒ 【目次ページ】超入門編のブログ記事一覧

 

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
読んでくださってありがとうございました